不用品回収

  1. ホーム>
  2. コラム>
  3. 不用品回収業者の選び方>
  4. 不用品回収の料金はどのくらい?

不用品回収の料金はどのくらい?

不用品回収の料金はどのくらい?

エコロジーの観点では、ものを大切にすることは非常に重要です。しかし、故障したものや使用しなくなったものなど、どうしても処分する必要がある場合もあります。
1991年にリサイクル法が施行されてから、それまでは無料だった不用品回収に費用がかかるようになりました。
不用品の回収料金は不用品回収業者に依頼するか、自治体に粗大ごみとして出すかによって異なります。それぞれの大まかな料金と特徴についてご紹介します。

■不用品の回収は自治体に依頼する方が安い

不用品の回収は、不用品回収業者に依頼する方法と、各自治体に粗大ごみとして回収してもらう方法の2通りがあります。
ダイニングテーブルを例にすると、自治体に粗大ごみとして出す場合には400円~1,000円程度で回収してもらえますが、不用品回収業者に依頼して回収してもらうと3,000円程度かかります。
このように自治体に回収してもらえば、回収料金そのものは安く済ませる事ができます。

■自治体に回収してもらう場合は、かなり手間がかかる

自治体に粗大ごみとして回収してもらうと、回収料金そのものは安くなりますが、実はかなり手間がかかり面倒な手続きが必要です。
まず、自治体では回収を行っていないものがありますので、不用品として処分したいものが回収してもらえるかどうかを事前に確認する必要があります。
パソコンはリサイクル法によりメーカーに回収が義務付けられた為、自治体では回収してもらえません。
自治体に回収を依頼する場合、電話などで予約をする必要があり、指定された日時でしか回収してもらえないなど、不用品の処分までに時間がかかってしまいます。
また、回収の指定場所までは自分の手で運ぶ必要がありますのでかなり大変です。
処分したいものによっては一人で運ぶことが難しい場合もあるでしょう。

回収指定日より前に指定場所(多くの場合はゴミ捨て場)に運ぶと近隣の迷惑になりますので、当日の朝に運ぶのがマナーです。
しかし回収指定日が平日だと、仕事をしている人などは前日の夜に運んでおく必要がありますので、かなり面倒な作業が必要です。

このように自治体に粗大ごみとして回収してもらう場合には、かなりの手間と時間がかかりますので、単に料金が安いから良いというわけではありません。

■いろいろなものを手間いらずで回収する不用品回収業者

不用品回収業者を使う場合、自治体に粗大ごみとして出すよりも若干割高になりますが、連絡してからすぐに回収してもらえる場合も多く、捨てる側はほとんど手間がかかりません。
また、不用品回収業者の場合は回収できないものが少ないため、その点でも自治体に回収を依頼するよりスムーズです。

とにかくすぐに不用品を処分する必要がある、処分に手間をかけたくないという方は、迷わず不用品回収業者を利用する事をおすすめします。

住所

埼玉県戸田市新曽南2‐15‐10

お問合せ電話番号

0120-677-533

AM9:00~PM:8:00

産業廃棄物収集運搬許可

○東京都: 第1300162077号

○埼玉県: 第1100162077号

古物商許可

○ 第431020026515号