不用品回収

  1. ホーム>
  2. コラム>
  3. 不用品回収業者の選び方>
  4. 不用品回収のトラブルに巻き込まれないようにするポイント

不用品回収のトラブルに巻き込まれないようにするポイント

不用品回収のトラブルに巻き込まれないようにするポイント

不用品回収業者に関する様々なトラブルが報告されていることをご存知でしょうか。
業者についてよく調べず、安易に回収を依頼してしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれてしますことがあります。

業者に依頼した不用品が、その後業者によって不法投棄されたという事例もあります。不法投棄は依頼主も処罰の対象になりますので、場合によっては処分を依頼した方も罰せられる可能性もあります。
回収を依頼する立場として悪質な業者を見分けるポイント、トラブルの予防策を知っておきましょう。

許可を得ている業者かどうかのチェック

不用品を回収する業者は、各自治体の許可を得ていなければなりません。依頼する際は、許可の有無を事前に確認をしておきましょう。
多くの業者では、サイトの会社概要ページなどに記載があります。もし記載されていない場合は電話などで確認してから依頼するようにしてください。

また、回収業者の身元をきちんと把握するために領収書の発行が可能かどうかを確認しましょう。許可を得ていない業者は領収書発行を拒む場合が多いようです。
もし、発行できないと言われた場合はその業者には依頼しないことをおすすめします。

無料で回収ってホント?

「不用品を無料で回収します」という広告には注意が必要です。
冷蔵庫やエアコン、テレビ、洗濯機の処分は家電リサイクル法でリサイクルが義務付けられていますので、排出者(ゴミを出す人)が料金を支払って不用となった家電製品をリサイクルに出さなければなりません。
そのため排出者が支払わない場合は、回収業者が支払う必要があります。

本来有料であるサービスを無料で行ってくれるのはありがたいですが、回収後、適正な処理をせず解体し、不要な部品は不法投棄する、という事例も過去にあります。
場合によっては廃棄を依頼した排出者(粗大ごみを回収依頼した人)が罰せられることがあります。
違法業者の片棒を担ぐことになりかねませんので、注意が必要です。

どのくらいの費用が必要か、事前にチェック

後から高額な料金の請求をされないために、あらかじめ「最高額」を確認しておくと良いでしょう。
見積もり時に比べて、非常に高い金額を請求されたという相談が消費者相談センターに多く寄せられています。

引越し当日に回収を依頼している場合は不用品をその場に置きっぱなしにする事も出来ませんので、高額な料金を請求されても回収してもらう以外に道はありません。
「そんなに高い金額なら回収してもらわなくて結構です」と断るためにも、余裕をもって不用品の回収を依頼しましょう。

良心的なプロの業者にお任せしましょう

悪質な業者のやり方について紹介してきましたが、こういった業者ばかりではありません。

しっかりとした業者であれば、電話のやりとりだけで家具のサイズや量を把握して、正確な金額を見積もりしてくれますし、回収の流れなどをきちんと説明をしてくれます。
電話の対応の良さも業者を見極める一つのポイントになります。

業者を見極めるポイントを事前に知っておくことがトラブル防止につながります。

住所

埼玉県戸田市新曽南2‐15‐10

お問合せ電話番号

0120-677-533

AM9:00~PM:8:00

産業廃棄物収集運搬許可

○東京都: 第1300162077号

○埼玉県: 第1100162077号

古物商許可

○ 第431020026515号