不用品回収

  1. ホーム>
  2. コラム>
  3. 遺品整理について>
  4. 遺品整理の費用

遺品整理の費用

遺品整理の費用

近年では、故人の遺品整理を業者に依頼することが一般的となりました。
遺品整理と一言で言っても、故人の残した不用品を回収して処分するだけの場合と特殊清掃や遺品・仏壇の供養を行う場合ではその費用に差が出ます。
今回は遺品整理業者ならではのサービスとはどのようなものなのか、それにかかる費用はいくらくらいなのかをご紹介します。

遺品整理にかかってくる費用とは

遺品整理を行う上で必要となる費用についてご紹介します。基本料金に含まれる作業は、遺品の仕分け・処分になります。

ここでの遺品とは土地や住宅といった大きな財産ではなく、家具や調理道具、電化製品といった生活用品や、洋服や時計などの故人が身に着けていたもの、写真や日記といった思い出の品、食品など、宅内にある物品を指します。
これらを必要なものと、処分するものに仕分けします。

もし故人が孤独死だった場合は遺体があった場所の清掃・消臭の費用がかかります。専門的な清掃が必要になりますので、必要な場合は清掃までを一貫して行っている専門業者に依頼しましょう。
また、遺品の供養が必要な場合、遺品整理業者経由で寺院に依頼しますので、別途費用が必要です。

具体的な費用はいくらくらいなの?

費用は遺品整理を行う部屋の広さ、部屋数、遺品の量によって変わります。例えば、2LDKで作業員が4名ほどの場合18万~20万が相場です。
また、遺体周辺の清掃・消臭作業、仏壇や故人の供養が必要な場合は、10万円前後が追加費用としてかかります。

業者を選ぶポイントは?

多くの遺品整理業者は遺品整理を行う部屋の広さを基本料金とし、クリーニング費用、供養費用をオプションとして設定しています。
しかし、業者によって料金に差がありますので、複数の業者から見積もりを取って比較すると良いでしょう。

「遺品整理士」の資格を持ったスタッフがいるかどうかもチェックポイントです。遺品整理士は遺品整理についての正しい知識を持っていることを証明する資格です。
貴重品などの仕分けをしっかりと行ってほしいなら、資格を持っているスタッフに依頼することをおすすめします。

遺品の仕分けの際、金銭的な財産価値はなくとも大切な思い出の品がたくさん出てくるでしょう。
それらを不用品として処分されないよう、処分品は必ずすべて確認する業者を選びましょう。可能であれば遺品整理の現場に同行することがベストですが、難しい場合は廃棄する前に確認ができるかを事前に業者に聞いておきましょう。

故人の残した大切な品々です。金額の安さだけで業者を決めるのではなく、安心して任せられる業者を選んでください。

住所

埼玉県戸田市新曽南2‐15‐10

お問合せ電話番号

0120-677-533

AM9:00~PM:8:00

産業廃棄物収集運搬許可

○東京都: 第1300162077号

○埼玉県: 第1100162077号

古物商許可

○ 第431020026515号