不用品回収

  1. ホーム>
  2. コラム>
  3. 遺品整理について>
  4. 遺品整理の方法

遺品整理の方法

遺品整理の方法

別居している親族が亡くなられた場合、残された遺品を整理する必要がでてきます。こういった場合、残された遺族はどのような手順で遺品を処分・整理したら良いのでしょうか。

遺品整理は遺族にとって精神的な負担が非常に大きくなります。そのため、遺品整理を全て業者に任せるケースが増えています。
ここ数年で遺品整理業者の存在が広く一般に知られるようになりました。

今回は遺品整理の基本的な流れについてご紹介します。遺品整理は相続などにも関わってきますので、きちんと流れを把握しておきましょう。

遺族が故人の残した遺品を仕分けする

遺品整理は、相続に関わるもの、故人の思い出として残しておくもの、処分するものに仕分けをすることから始めます。
また、形見分けする人数についても早い段階で確認しておきましょう。形見分けとは、故人と親交があった方に故人の遺品を贈ることを言います。

貴重品、高級品、または危険物については処分するものに紛れてしまわないようきちんと管理します。
不用な家財道具は、各自治体の指定する方法で処分する流れになります。

遺品整理業者を利用する場合

遺品整理業者を利用すると、遺品整理だけでなく特殊清掃や供養など全ての作業を代行してくれます。費用はかかりますが、手間と時間の節約が出来ます。

遺品整理業者は全ての遺品に目を通します。貴重品(通帳や印鑑)の保管場所は予め遺族に伝えられていないケースもありますので、誤って処分することがないよう慎重に作業を進めます。
故人が残したメモ1枚1枚に目を通し、遺産や相続に関わる内容の有無を確認しなければなりません。そういった細かい作業を手際よく行ってくれます。

故人の住居が遠方で遺品整理に行くことが難しい場合は遺品整理業者の利用をおすすめします。
遺品整理を行う際は、現場に立会い、その物が必要かどうかを作業員に指示することが理想的ですが、立ち会わずに作業してもらうことも可能です。

不用品回収業者を利用する場合

遺品整理業者ではなく不用品回収業者に通常の回収として依頼した場合、貴重品や思い出の品も全て不用品として処分されます。
そのため、事前に貴重品や思い出の品などを仕分け、処分したいものを明確にしておく必要があります。
仕分けの手間がかかりますが、遺品整理業者に比べると費用は安く抑えることが出来ます。

また、不用品回収業者でも、貴重品と不用品の選別から遺品整理を行っている業者もあります。サービス内容は業者により異なりますので、どこまで任せられるのかを事前にしっかりと確認しましょう。
当社でも遺品整理を承りますので、お気軽にご相談ください。

遺品整理の方法はいくつかありますが、新しい市場であるため老舗といえる業者は少なく、業者選びは慎重に行う必要があります。
きちんと遺品を供養することを重視するのであれば、遺品整理士の資格を持つ方が所属している会社を選ぶと良いでしょう。

住所

埼玉県戸田市新曽南2‐15‐10

お問合せ電話番号

0120-677-533

AM9:00~PM:8:00

産業廃棄物収集運搬許可

○東京都: 第1300162077号

○埼玉県: 第1100162077号

古物商許可

○ 第431020026515号