不用品回収

  1. ホーム>
  2. コラム>
  3. 遺品整理について>
  4. 遺品整理業者を選ぶポイント

遺品整理業者を選ぶポイント

遺品整理業者を選ぶポイント

住んでいる場所が遠いなど様々な理由で、残された遺族が故人の遺品整理を遺品整理業者に依頼することは珍しくありません。遺品整理業者に依頼すれば整理も素早く終わり、気持ちの整理をつけやすいこともあるかもしれません。
ただし、一部の悪質な業者に依頼してしまうと、故人の遺品がきちんと処分されないケースがあります。遺品を正しく処分できるよう、業者は慎重に選ぶ必要があります。
ここでは、遺品整理業者の選び方について詳しくご紹介します。

産業廃棄物運搬許可の有無

遺品整理業者を選ぶ際は、ごみの運搬に必要な「産業廃棄物収集運搬許可」を取得しているか、ごみの運搬を行う車両に書面(許可証)の表示、携帯が行われているかを確認する必要があります。

悪質な業者のなかには許可の取得を偽っている場合があります。不明な点があれば、都庁や市区庁舎にある「産業廃棄物対策課」に問い合わせることが可能です。もしくは、環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課に詳しい情報を問い合わせるとよいでしょう。

無許可営業の業者に依頼してしまうと、法外な料金を請求される他、回収後のごみを不法投棄されるなどのトラブルに巻き込まれる恐れがあります。故人の大切な遺品を違法な手段で処分してしまわないよう、遺品整理業者は慎重に選びましょう。

買い取り業者が古物商の許可を持っているか

不用品の買い取りを行なっている遺品整理業者があります。この場合、業者が「古物商許可」をきちんと取得しているかを必ず確認してください。古物商許可申請は、警視庁の管轄になります。これは、盗品が流通しないように警察が監視するためです。
業者のサイトに「古物商認可番号」が記載されていれば、安心して利用できる業者だといえます。

安さで選ばないように

安さを売りにした遺品整理業者は、不用品の処分方法に問題がある場合があります。回収されたあと、どのように処分されるかをしっかりと確認しましょう。また、口コミや実際の利用者の声を調べるなどして、業者の善し悪しを判断することをおすすめします。

料金の設定は大丈夫?

料金が明朗会計な業者を選びましょう。見積もりとは違う料金を請求された、作業後に追加のオプション料金が発生したといったトラブルを耳にします。これらは、どれも悪質な業者の手口といえます。見積もりの段階で、料金計算や説明がいい加減な業者には依頼しないようにしましょう。

口コミやサービスの実情を知る

インターネットでは、さまざまな業者の口コミ・評価を目にすることが出来ます。少しでも不安に思う点があったら、実績や利用者の声を調べてみましょう。

遺品整理でトラブルがあると故人への気持ちの整理も付けづらくなるかもしれません。
気持ちよく終えられるよう、優良業者を利用するようにしましょう。

住所

埼玉県戸田市新曽南2‐15‐10

お問合せ電話番号

0120-677-533

AM9:00~PM:8:00

産業廃棄物収集運搬許可

○東京都: 第1300162077号

○埼玉県: 第1100162077号

古物商許可

○ 第431020026515号