不用品回収

  1. ホーム>
  2. コラム>
  3. 遺品整理について>
  4. 遺品整理を行う時期について

遺品整理を行う時期について

遺品整理を行う時期について

遺品整理はいつ行うべきか?処分を始める時期に悩む方は多いようです。
故人に対して悲しみが深く残っているうちは、遺品整理を行う必要はありません。ただし、家屋の退去や引越しなどで期限が決まっている場合は、早めに対応することをおすすめします。

特に期限が決まっていない場合は、49日や100日供養などを区切りにして遺品整理を行うとよいでしょう。一周忌、三回忌などの年忌で区切っても構いません。故人の冥福を祈りながら整理を行えば、供養としての役割も果たすかと思います。
故人の物を捨てることに対して、罪悪感がある方もいるかと思いますが、遺品を整理することで遺族の気持ちの整理につながることもあるでしょう。

遺品整理のタイミングは人それぞれ

お葬式や法要の直後は、行わなければならない作業も多く忙しくなります。忙しい間は慌てて遺品整理を行う必要はありません。落ち着いた時期を見計らって、少しずつ遺品整理をしましょう。
また、残された家族が悲しみから立ち直れない間は、遺品整理を急かさず気持ちの整理がつくまで、ゆっくりと時間をかけて待つことが大切です。

賃貸物件に住んでいたら

故人が賃貸物件に住んでいた場合は出来るだけ早く遺品整理をする必要があります。いつまでも遺品を残しておくと家賃が発生してしまい、家族の負担が大きくなります。賃貸の場合は、早い段階で遺品整理を始めたほうがよいでしょう。

遺品整理を急がなければならず、遺品が大量にある場合は、遺品整理のサービスを行なっている不用品回収業者に依頼することをおすすめします。
住宅一軒の整理は容易ではありません。業者に依頼すればほとんどの場合、作業は1日で完了します。

遺品整理はコツコツと

遺品整理は家族が協力してコツコツと行うことが理想的です。急いでいないのであれば、残すものと処分するものを家族で話し合いながらゆっくりと整理するとよいでしょう。
整理を進めるなかで、故人が大切にしていたモノも出てくるでしょう。急いで整理をするとそうした大切なモノに気づかず処分してしまう危険性も出てきます。焦らず少しづつ整理することでそうした失敗も減ります。

ですが、遺品整理を長期間行なわず、故人の遺品が何年も手つかずのまま残してしまうこともあるようです。そのままの状態にしておくと決めて残しているならばよいのですが、只々そのまま放置されているのであれば、できるだけ早めに整理したほうがよいでしょう。
ある程度の時間をおいた後は、気持ちの整理をつけるためにも遺品整理は行なったほうがよいと言われています。
整理が難しい場合は、遺品整理を行なっている業者に依頼することも1つの方法です。

住所

埼玉県戸田市新曽南2‐15‐10

お問合せ電話番号

0120-677-533

AM9:00~PM:8:00

産業廃棄物収集運搬許可

○東京都: 第1300162077号

○埼玉県: 第1100162077号

古物商許可

○ 第431020026515号