不用品回収

  1. ホーム>
  2. コラム>
  3. 引越しのマナー>
  4. 引越し内祝いの選び方

引越し内祝いの選び方

引越し内祝いの選び方

引越しをした際、特に新築を建てた際にはお祝いの品をもらうことも多いでしょう。そのお返しとして、「内祝い」をきちんと贈るのが社会人としてのマナーです。失礼がないように、何を贈ったら良いのか、いつ頃送ったら良いのかしっかりと確認しておきましょう。こちらでは、引越しの内祝いに関するマナーをご紹介します。

そもそも内祝いってなに?

結婚、出産、入学、就職など、おめでたいことに対してお祝いをもらった後、お返しとして贈る品を「内祝い」と呼んでいます。元々はその名の通り、家の中で喜ばしいことがあった際にその気持ちをお裾分けという形で品物に変え、周囲の人に配っていたことに由来します。そのため、お祝いをもらう前に贈ることもありますが、現代では慶事にいただいたお祝いのお返しのことを指すのが一般的です。
引越し祝いのお返しは、本来はお披露目を兼ねて新築1~2か月以内くらいにお客様を新居にご招待し、おもてなしするのが正しい形式です。その手土産として、またはお披露目できなかった場合や招待できなかった方に対して、品物を「内祝い」と称してお贈りします。

贈るべき時期と相場は?

新居のお披露目をした場合には、その日のうちに内祝いをお渡しします。お披露目をしなかった場合や遠方の方に贈る場合は、お祝いをいただいてから1~2週間以内に手元に届くようにお返しをしましょう。
品物の相場は、基本的にはいただいた金額や品物の三分の二~半額程度が目安。一般的なお祝いの金額は友人なら5000円~1万円程度、親戚なら1万円~3万円程度と言われているので、その半額くらいと覚えておきましょう。値段がわからない場合や高額の品物をいただいた場合には、相場にこだわらず感謝の気持ちを表すことが大切です。

新しい家にまつわるものや日用品が定番!

内祝いのチョイスとしては、新築の場合は「新しい家」にまつわるものである食器セットや茶器が人気です。形として残るため、記念品にもなるでしょう。また、家に絡めて「火に強い」という意味で鍋やフライパンなどの調理器具を贈るのも喜ばれます。そのほか、いくつあっても嬉しい消耗品や日用品はやはり定番。タオルや石鹸、洗剤、入浴剤、調味料セット、小さなお子様のいる家庭では日持ちのするお菓子や飲料のセットなども人気があります。

のし紙の書き方とマナーも覚えておきましょう

のし紙の書き方・付け方にもマナーはありますので、注意が必要です。まず、水引きは紅白のもので、何度でも結びなおせるという意味の「蝶結び」にしましょう。のし紙の表書きは、水引きの結び目中央上に「内祝い」または「新築内祝い」と丁寧に書きます。そして、中央下に自分の名前をやや小さく書きましょう。苗字だけでも大丈夫です。
のし紙のかけ方は、ラッピングの上からかける「外のし」でもラッピングの下にかける「内のし」でもどちらでも良いとされています。直接会って渡す場合は外のし、郵送する際には内のしを選ぶ人が多いようです。

贈る品物に決まりはありませんので、親しい間柄なら相手の好みの品物を贈るのも良いでしょう。マナーをしっかりと押さえ、せっかくの相手の心遣いを台無しにしてしまわないように、心のこもったお返しをしてくださいね。

住所

埼玉県戸田市新曽南2‐15‐10

お問合せ電話番号

0120-677-533

AM9:00~PM:8:00

産業廃棄物収集運搬許可

○東京都: 第1300162077号

○埼玉県: 第1100162077号

古物商許可

○ 第431020026515号