不用品回収

  1. ホーム>
  2. コラム>
  3. 単身赴任のお引越しマニュアル>
  4. 単身赴任の準備編!家電・家具の揃え方

単身赴任の準備編!家電・家具の揃え方

単身赴任の準備編!家電・家具の揃え方

単身赴任が決まった際、多くの人が悩むのが生活に必要な家具・家電をどう揃えるかということです。これは、赴任期間の長さによっても取るべき方法が変わってきますし、いざ考えてみると意外と多くのものが必要になることに気付くことでしょう。また、赴任期間が終わった後に、その家具・家電をどうするかも合わせて考えるようにしてください。

期間に合わせた3つの揃え方!

単身赴任の際、必要な家具を揃えるには「一式を購入する」、「レンタルサービスの利用」、「家具家電備え付けの物件に住む」の3つの選択肢があります。それぞれ異なるメリットを持っていますので、期間や状況によって自分に適した方法を選ぶようにしましょう。以下で、それぞれのポイントをご紹介します。

一式を購入する場合の費用とメリットは?

長期の単身赴任の場合は、家具家電一式を自分で購入して揃えてしまう方が、結果として安く済む傾向があります。最低限必要になる家電は、洗濯機・冷蔵庫・電子レンジ・炊飯器・照明器具などですが、一人暮らし用の安い物なら全部合わせて10万円ほどで済むでしょう。テレビや掃除機をつけるとさらに価格が上がりますが、今後も使用できるという点では購入するメリットはあります。
また、自分好みのデザインや性能の物を選べるのも嬉しいポイント。目安として2年以上の長期間の場合は、一式購入することをおすすめします。短期の場合でも、今後も継続的に使用するものについては、購入する方がよいかもしれません。ただし、大型の製品は期間が終了して持ち帰る際、送料が高くついてしまうことがあるため注意しましょう。

レンタルする場合の費用とメリットは?

1年以下の短期の単身赴任の場合は、レンタルの方が安く済む傾向があります。製品は1点からレンタルできる場合が多いですが、一人暮らしにぴったりの生活必需品を数点まとめたセットのレンタルがおすすめです。月額5000円程度が大体の目安であり、使用の際には、壊したり傷つけたりしないように気を使うかもしれませんが、費用的には安く抑えることができるでしょう。
また、赴任期間が終了した際、一人暮らし用の小さい冷蔵庫などは処分することも多くありますが、レンタルならその処分費用や持ち帰る場合の送料がかからないこともメリットです。

家具・家電備え付けの物件に住む費用とメリットは?

何よりも手軽という点が、家具・家電備え付けの物件に住む最大のメリットです。最初から必要な家具などが部屋に備え付けてあるので、部屋の契約だけですべてが完了します。その分普通の部屋よりも家賃が高くなるため、レンタルと比べてどちらがお得になるかをよく比較しましょう。県や土地、備え付けの家具によって家賃は異なりますが、初期費用を抑えられるのは大きなメリットでしょう。すぐに生活ができるので、急な単身赴任にも対応できます。
ただし、備え付けの家具などはすべて決まっているので、逆に選択の余地がない点がデメリットだといえるでしょう。また、破損してしまった場合に、誰が修理費を負担するのかなども事前に確認しておかなくてはなりません。

このように、単身赴任の家電や家具は事前に各サービスや物件などを調べて、比較・検討しておくことが大切です。とにかく安く済ませたいのか、自分の好みのものを揃えたいのか、目的をはっきりさせましょう。中には、家具・家電はほとんど必要ないという人もいるかもしれません。自分のスタイルや単身赴任の期間によって決めるのが1番です。

住所

埼玉県戸田市新曽南2‐15‐10

お問合せ電話番号

0120-677-533

AM9:00~PM:8:00

産業廃棄物収集運搬許可

○東京都: 第1300162077号

○埼玉県: 第1100162077号

古物商許可

○ 第431020026515号