不用品回収

  1. ホーム>
  2. コラム>
  3. 引越しの費用を安くするコツ>
  4. 一人暮らしの引越しの費用の目安

一人暮らしの引越しの費用の目安

一人暮らしの引越しの費用の目安

一人暮らしを始める際にまず気になることは費用面ではないでしょうか。新居を借りるための敷金・礼金、家具や家電の購入、引越し業者に支払う費用など、引越しをする際にはさまざまな費用がかかります。地域や物件などによって異なるものではありますが、ここでは引越しにかかる費用の大まかな目安をご紹介します。

■敷金・礼金の相場
不動産を借りる際に発生するのが敷金・礼金です。敷金とは関西方面では「保証金」とも呼ばれ、その名の通り賃貸人の利益をある程度保証するためのものです。
金額の目安としては家賃の1~2カ月程度が相場となっていて、家賃の滞納や部屋の補修費用として敷金が充当されます。
借りた部屋から退去する時に、補修費用などを引かれた差額が手元に戻ってきます。

礼金は部屋を貸してくれる賃貸人に対するお礼として支払うものです。
戦後からの慣習として根強く残っており、相場としては家賃1~2ヶ月程度となっています。礼金は退去時に返還されることはありません。
最近では、敷金も礼金も0円という物件も少なくありませんので、少しでも敷金・礼金が安い物件を探すのも、引っ越し費用を安く済ませるコツです。

■家具家電にかかる費用
新居で生活をするためには、家具や家電を買い揃える必要があります。
タンスや食器棚、ベッドなど、生活に必要なものを一から揃えるとなると10万円を超える費用がかかりますが、すでに実家から出て一人暮らしをしている人であれば、新たに買い揃える必要はないでしょう。
家電の場合はどの程度のスペックを求めるかで費用は大きく変わりますが、冷蔵庫、電子レンジ、掃除機、テレビなどを購入すると、やはり10万円を超える費用がかかります。

資金に余裕がない場合はリサイクルショップやオークションなどを上手に活用すると良いでしょう。

■引越し業者の相場

一人暮らしの引越しであれば、引越し業者の価格は3~5万円程度が相場だといわれています。各社「単身パック」といった一人暮らしの引越し用の、費用を安くしたサービスを提供していますので、こういったサービスを利用しましょう。

引っ越す地域や時期、新居への距離、荷物の量によって価格は変動しますが、引越し業者の繁忙期である2~3月には価格が高くなることを覚えておきましょう。

また、引越し業者には依頼せず、所有している自動車などで荷物を運搬することも可能です。そうすることで引っ越し費用を浮かせる方も多いようです。
このように引越しをする際にはそれなりの費用が必要ですので、前もって資金を貯め、経済的に余裕のある状態を作っておきましょう。
少しでも安く済ませたい場合は、敷金・礼金が無料の物件や、家具・家電付き物件を探すのも一つの手です。
様々な情報を収集することで費用を抑えた上手な引越しが可能になります。

住所

埼玉県戸田市新曽南2‐15‐10

お問合せ電話番号

0120-677-533

AM9:00~PM:8:00

産業廃棄物収集運搬許可

○東京都: 第1300162077号

○埼玉県: 第1100162077号

古物商許可

○ 第431020026515号