不用品回収

  1. ホーム>
  2. コラム>
  3. 粗大ごみの捨て方 処分方法と料金>
  4. ベッドを処分する方法と費用

ベッドを処分する方法と費用

ベッドを処分する方法と費用

その① 不用品回収業者を利用する

不用品回収業者にベッドの処分を依頼する場合、業者によって料金は異なりますが、シングルは8000円、ダブルは10000円ほどの費用が必要です。
自治体に依頼するより割高になってしまいますが、メリットも多くあります。

不用品回収業者は電話1本で自宅まで回収に来てくれますし、自分でベッドを搬出する必要がありません。(マンションなどでエレベーターやトラックを駐車するスペースが無い場合は追加料金がかかるケースがあります。見積もり時に確認をしておくと良いでしょう。)

また、回収日時はこちらで指定できます。多くの業者では夜間や土日祝日でも回収を受け付けています。
玄関からの搬出が難しい大型ベッドの場合は、吊り下げの搬出を行う不用品回収業者もありますので、問い合わせしてみると良いでしょう。

その② リサイクルショップに売りに行く方法

ベッドをリサイクルショップに売る場合、高価で買取してもらうことは難しいと考えておきましょう。
中古のベッドを使いたいと思う人が少ないこともあり、査定額が安い傾向にあります。数百円でもプラスになれば嬉しい!くらいの気持ちで依頼すると良いでしょう。

しかし、状態のよいベッドであれば若干、査定額アップが期待できます。ブランド物のベッドを高価で買取している業者もありますので、複数の業者に同時に見積もり依頼することをおすすめします。
多くのリサイクルショップは出張買取をしています。自宅まで取りに来てくれますので、店舗に自分で運ぶ必要はありません。

ベッドの処分を自治体に依頼する方法とその費用

ベッドの処分を自治体に依頼する場合、事前に自治体の粗大ごみ回収窓口に電話やネットで申込みをします。ベッドの大きさとタイプを伝え、回収日時と料金を確認します。
多くの自治体では回収日は平日に限定されています。

回収日までに前払いで指定のシール(スーパーやコンビニで購入可能)を購入し、そのシールを貼って指定された日時に回収場所まで自分で運びます。
処分にかかる費用は、シールの購入代金のみです。家具の大きさによって処分費用が指定されています。

自治体によって異なりますが、比較的小さな棚などであれば100~500円ほどで、ベッドなどの大型家具は3000円~が必要になります。
また、ベッド本体とマットレスはそれぞれに費用がかかる場合がありますが、不用品回収業者に依頼するよりは安く済ませることができます。

ベッドは非常に大きく、重さもあります。パイプベッドなどの解体できるタイプであれば、女性でも運べますが、ダブルベッドのマットレスなどは成人男性でも一人で運ぶことは難しいでしょう。
足腰が弱いお年寄りなどは、不用品回収業者を利用する方が安全だと言えます。

不用品回収業者と自治体にはそれぞれにメリット、デメリットがあります。どちらが良いかは、処分するベッドの種類などによって選ぶと良いでしょう。

住所

埼玉県戸田市新曽南2‐15‐10

お問合せ電話番号

0120-677-533

AM9:00~PM:8:00

産業廃棄物収集運搬許可

○東京都: 第1300162077号

○埼玉県: 第1100162077号

古物商許可

○ 第431020026515号