不用品回収

  1. ホーム>
  2. コラム>
  3. 粗大ごみの捨て方 処分方法と料金>
  4. 仏壇を処分する方法と費用

仏壇を処分する方法と費用

仏壇を処分する方法と費用

仏壇はご先祖様の位牌を祀る場所ですので簡単に処分できない方が多いようです。
「仏壇はご先祖様だけでなく仏様も祀っているものだし、そんな大事なものを粗大ごみとして処分していいのだろうか」
「仏壇以外の仏具も処分したいけど方法が分からない」など疑問や悩みは尽きません。

やはり、洗濯機や冷蔵庫の処分とは事情が変わってきます。今回は、そんな仏壇の処分方法と費用について、民間業者に依頼する場合と自治体に依頼する場合をそれぞれご紹介します。

民間業者に仏壇処分を依頼する場合

家具を処分してくれる不用品回収業者の中には、遺品整理も行っている業者があり、仏壇の処分も受け付けています。
遺品整理業者では仏壇の供養を行うサービスがあります。業者によって料金は異なりますが、供養を含む処分の場合は小さいもので20,000円、大きいものだと50,000円ほどになります。
お付き合いがある寺院がない場合はこういったサービスを利用すると良いでしょう。

遺品整理業者は寺院と繋がりを持っていることが多く、寺院を紹介してもらえるケースもあります。また、仏壇以外の仏具(位牌や遺影)の処分も受け付けていることが多いようです。
供養の有無や、費用、その他サービス内容は業者によって様々ですので、事前に詳細な内容をきちんと確認しておきましょう。

仏壇を販売している店舗では、処分も受け付けている場合があります。購入した店舗がわかる場合や、近所に仏壇店があれば確認してみるとよいでしょう。
また、買い替えを検討しているのであれば、購入時に古い仏壇は安く処分できる場合もあるようです。

自治体に仏壇の処分を任せる場合

自治体に処分を依頼する場合は通常の粗大ごみと全く同じ手順になります。供養のサービスはもちろんつきません。そのため、供養が必要な方は処分前に供養を寺院に依頼する必要があります。

供養を済ませたら、自治体に申込みをします。一般的な家具の処分と同様に、スーパーやコンビ二などで自治体指定のシールを購入し、指定された日時に回収場所まで運んでおきます。

自治体では自宅まで回収に来てくれませんので、指定の回収場所まで運ぶ必要があります。
大きい仏壇の場合は運び出しが危険です。回収場所まで運んでいる最中にけがをしたりする事のないように注意しましょう。
回収費用は各自治体やサイズによって異なりますが、数千円程度といったところでしょう。

仏壇の処分には非常に気を遣います。事情に精通した業者に任せると供養をした上で処分されるので安心ですが、どうしても価格は高くなってしまいます。

ご先祖様の位牌を祀っていた大切な仏壇ですので、気持ちよく処分出来る方法を選択すると良いでしょう。

住所

埼玉県戸田市新曽南2‐15‐10

お問合せ電話番号

0120-677-533

AM9:00~PM:8:00

産業廃棄物収集運搬許可

○東京都: 第1300162077号

○埼玉県: 第1100162077号

古物商許可

○ 第431020026515号