不用品回収

  1. ホーム>
  2. コラム>
  3. 粗大ごみの捨て方 処分方法と料金>
  4. 布団を処分する方法と費用

布団を処分する方法と費用

布団を処分する方法と費用

引越しや新生活に伴い布団が不要になった、今まで使っていた布団が古くなったので処分したい。しかし、かさばる布団をどうやって処分すればいいのか、迷いますよね。
布団は、自治体や不用品回収業者に依頼して処分します。ここでは、それぞれの処分の仕方や費用の違いについてご紹介します。

自治体で布団を処分する方法・費用について

布団は、粗大ごみとして処分することができます。300円〜500円程度の処理手数料(処分費用)が必要になります。自治体によって料金が異なりますので、詳細な金額は各市区町村のウェブサイトや役所の環境課、最寄りのごみ収集センターに問い合わせてみてください。

粗大ごみとして布団を出す場合の一般的な方法をご紹介します。

各自治体の粗大ごみ受付センターに申し込む

申し込みは電話かウェブサイトからの申し込みになります。この申込の時点でゴミ収集日、料金が決まります。布団以外のゴミも処分する場合は合わせて申し込みしましょう。追加は受付けてもらえない場合があります。

粗大ごみ処理券を購入する

申し込み時に伝えられた料金分のゴミ処理券を購入します。ゴミ処理券は同自治体内のコンビニ等で購入可能です。各自治体のウェブサイトに「ゴミ処理券取扱所」が記載されているので確認してください。

収集指定日に布団を収集場所に出す

指定された収集日に布団を指定の収集場所に出してください。ゴミ処理券は必要事項を記入して布団の見える所に貼ります。指定日時に出せない場合は再度申し込みから行なう必要があるので注意しましょう。

粗大ごみとして布団を出す場合は、自治体によって出し方が異なりますので、各自治体指定の方法で布団をまとめます。

業者に依頼し布団を処分する方法・費用について

引越しで布団が不要になった場合は、利用する引越し業者が「無料で処分」してくれることがあります。これから引越しをされる方は、一度、引越し業者に確認してみるとよいでしょう。
また、一部の寝具店では、布団の新調に合わせて、古くなった布団を無料で処分してくれることがあります。買い換えを検討中の方は、こうしたサービスを利用するとよいでしょう。

不用品回収の専門業者に、布団の処分を依頼することもできます。不要品処分業者に依頼する大きなメリットは依頼した即日に処分できることです。
急いで処分する必要がある場合は不要品回収業者に依頼することをおすすめします。
他にも、回収業者が家まで引取りにいくため、布団を外に持ち出す必要がなく、処分の準備が一切必要ない点も大きなメリットと言えます。

料金は、業者によりますが、基本回収料金が3,000円程度に加えて、布団1枚の処分費用が1,000円程です。自治体に粗大ごみとして出すよりも割高にはなりますが、処分品が多ければ多いほど処分品1個あたりの費用がお得になります。不要品回収業者に依頼する場合は、処分品の内容を明確にして事前に見積りを出しておくとよいでしょう。

住所

埼玉県戸田市新曽南2‐15‐10

お問合せ電話番号

0120-677-533

AM9:00~PM:8:00

産業廃棄物収集運搬許可

○東京都: 第1300162077号

○埼玉県: 第1100162077号

古物商許可

○ 第431020026515号