不用品回収

  1. ホーム>
  2. コラム>
  3. 引越しの事前準備>
  4. 引越しにいい日取りとは?

引越しにいい日取りとは?

引越しにいい日取りとは?

日本では古くから、引越しをする際に吉日を意識し、日取りを決定するという流れがありました。しかし、最近は引越しの日程やスケジュールを決める際、吉日に左右されるという方は少なくなり、六曜などをご存じの方も減りつつあります。
そこで今回は、六曜などの暦注の基本知識や、引越しをするのに縁起が良い日、悪い日についてご紹介してみたいと思います。

六曜とはどんなもの?

六曜(ろくよう・りくよう)とは、日本で使われる暦の中で、最も影響力のある歴注の一つです。先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の6種の曜があり、「結婚式は大安が良い」といったように、冠婚葬祭などの儀式に結びつけて使用されることが多いという特徴があります。六曜はカレンダーや手帳にも表示されているので、ご存じの方も多いでしょう。
この六曜で引越しの日取りを考えると、以下の通りとなります。

大安

引っ越しの日取りとして縁起の良い日。それだけに人気が高く、引越し代が高めに設定されているケースもあります。

友引

朝と夕方の引越しは吉。正午は凶とされる日です。昼を避ければ問題ない日と言えるでしょう。

先勝

午前中は吉、午後は凶となる日です。午前中に終わる引越しであれば問題はありません。

先負

午前中は凶、午後は吉となる日です。朝から正午にかけての引越しは避けるのが無難です。

赤口

11時~13時といった、正午前後のみ吉の日。たった2時間しか吉の時間がないので、吉日を気にする方は避けた方が良いでしょう。

仏滅

終日凶、引越しの日取りとしては縁起が悪い日です。ただし、引越し代が安く設定されているケースもあるので、吉日を気にしない方にとっては、ある意味ベストな日と言えるかもしれません。

六曜と併せて覚えておきたい三隣亡

三隣亡(さんりんぼう)とは、建築関係の大凶日とされるもので、少し前までは棟上げや土起こしなど、建築に関する事柄は一切行ってはならない忌み日とされていました。そのため、住居に強く影響する引越しでも縁起が悪い日とされています。年によって変わりますので、カレンダーやインターネットでその日を確認することをおすすめします。

この三隣亡は「近隣三件まで災いが及ぶ」という意味を持つため、年配の方の中には気にされる方もいるようです。転居をする本人が気にしなくても、三隣亡に引越しを行うと近隣の方が不快に感じることもあります。

引越しに縁起が良い日、悪い日についてご紹介してきましたが、昔と違って、気にされる方はほとんどいなくなりました。さらに、仕事や学校の都合、引越し業者や不動産会社との契約などなど、吉日よりも考えるべきことは非常に多くあります。

最近は、費用が抑えられるからと仏滅に結婚式をする方も決して少なくありません。結婚式のような慶事ですらそのような状況ですので、引越しに際し、六曜や三隣亡を気にしすぎる必要はないと言えるでしょう。

住所

埼玉県戸田市新曽南2‐15‐10

お問合せ電話番号

0120-677-533

AM9:00~PM:8:00

産業廃棄物収集運搬許可

○東京都: 第1300162077号

○埼玉県: 第1100162077号

古物商許可

○ 第431020026515号