不用品回収

  1. ホーム>
  2. コラム>
  3. 引越しに伴う手続き方法>
  4. 引越しのポイント!運転免許や車庫証明の手続き

引越しのポイント!運転免許や車庫証明の手続き

引越しのポイント!運転免許や車庫証明の手続き

引越しに伴う運転免許証の住所変更は、水道・電気・ガスといったライフラインの移転手続きと異なり、手続きが遅れても、新居での生活に支障が出ることはありません。しかしながら、引越し後、運転免許を使った身分証明や住所確認などの際、不便になるのもまた事実。やはり、引越しに伴う手続きは、できるだけ早めに済ませておきたいところです。

そこで今回は、引越しをした際の運転免許や車庫証明などに関する手続きについて、ご説明していきたいと思います。

運転免許の住所変更手続き

免許証の住所変更は、以下のような手順で行います。

(手続きに必要なもの)

免許証、新住所が確認できる証明書(住民票の原本、保険証、住民基本台帳カードなど)、印鑑、写真(他都道府県から転居した場合のみ)が必要です。

手続き窓口:警察署(一部交番でも可)、運転免許センター
手数料:無料
期限:特になし

(手続き方法)

運転免許証の住所変更手続きはとてもシンプルで、窓口で配布されている「運転免許記載事項変更届」へ必要項目を記入し、窓口へ提出するだけで完了します。
ただし、書類の記入はすぐに終わりますが、警察署の運転免許課や運転免許センターは午前中から午後にかけて混み合うことが多いため、手続き完了までに時間がかかる場合があります。手続きに時間がかけられない方は、事前に窓口へ混み合っていない時間帯を問い合わせておくことをおすすめします。
また、運転免許の住所変更手続きを行っている窓口は、各自治体によって異なりますので、事前に確認しておきましょう。

引越しに伴う車庫証明(自動車保管場所証明書)の手続き

引越しを行った際に必要となる車庫証明の取得には以下のような手続きが必要となります。

(手続きに必要なもの)

基本的に、自動車保管場所証明申請書、保管場所標章交付申請書、保管場所の所在地・配置図が必要です。
保管場所が自身の所有物の場合は、上記に加えて保管場所使用権原疎明書面を。貸し駐車場などの場合は、保管場所使用承諾証明書を準備してください。

手続き窓口:車の保管場所の管轄警察署
交付までの期間:1週間ほど
手数料:2,100円+500円(交付料)程度(自治体によって異なる)

(手続き方法)

窓口で配布されている申請書を記入し、必要書類を併せて提出します。その後、交付される際に改めて窓口に足を運ばなければいけません。車庫証明は申請から交付まで約1週間ほどかかりますので、スケジュールをしっかり調整しておきましょう。また、車庫証明は車検証(自動車検査証)の手続きに必要となりますので、期限に間に合うよう手続きを完了させる必要があります。

引越しに伴う車検証(自動車検査証)の手続き

(手続きに必要なもの)

自動車検査証、自動車保管場所証明書、申請書、印鑑、本人確認書類、住民票、委任状(本人以外が申請するとき)。

手続き窓口:登録手数料350円、申請書代100円、ナンバープレート代2,000円ほど

(手続き方法)

窓口で配布されている申請書を記入し、必要書類を併せて提出します。車検証の住所変更では、陸運局によって必要となる手続き、費用、書類が異なるため、細かな手順や流れに関しては、新住所管轄の陸運局へ問い合わせるのが無難です。また、車検証の各種変更手続きは、別途料金が発生しますが車のディーラなど代理人に任せることもできます。時間が取れなくて申請が難しいという場合は、一度確認してみても良いかもしれません。

住所

埼玉県戸田市新曽南2‐15‐10

お問合せ電話番号

0120-677-533

AM9:00~PM:8:00

産業廃棄物収集運搬許可

○東京都: 第1300162077号

○埼玉県: 第1100162077号

古物商許可

○ 第431020026515号