不用品回収

  1. ホーム>
  2. コラム>
  3. 引越しに伴う手続き方法>
  4. 引越しのポイント!ガス、水道、電気の手続き

引越しのポイント!ガス、水道、電気の手続き

引越しのポイント!ガス、水道、電気の手続き

電気、ガス、水道は大切なライフライン。そのために、旧宅では引っ越しをする直前まで使えるようにしておく必要があり、転居先では引っ越し当日、すぐに万全の状態で使えるようにしておきたいところです。
そこで今回は、引っ越しに伴う電気、ガス、水道の手続きについてご説明したいと思います。

利用停止、移転手続きの方法と連絡するべき時期

引っ越しの際に必須となる、電気、ガス、水道の利用停止と移転手続き。すぐに必要になるものだけに、余裕をもって手続きを完了させておきたい所です。
引っ越しに伴う電気、ガス、水道の手続きは、基本的に利用停止、移転ともに、インターネットでの手続きが行えるようになっています。ただし、ガス、水道に関しては、会社によってインターネットで対応をしておらず、電話連絡が必要な場合があるので必ず確認を。

また、引っ越し直前は荷造りなどで慌ただしくなるため、手続きを忘れてしまうことも少なくありません。手続きが後回しになると、引っ越し当日に新居でライフラインが使えない、余分な利用料金を支払わなければならなくなるなど、思わぬトラブルを招きます。
そのため、利用停止、移転手続き共に、引っ越し当日の1週間~10日前までに済ませておきたいところです。連絡した際には、検針票や領収書に記載されているお客様番号、新住所、引越す日にちを尋ねられますので、応えられるようにしっかりと準備をしておくようにしてください。

そして、ガスの手続きに関して一つ注意点があります。ガスは旧宅での利用停止と新居での利用開始にあたって、係員の立ち会いが必要となる場合がほとんどです。そのため、春などの引越しシーズンには、この立ち会いに予約が殺到し、希望日にガスを停止、開栓できない場合があります。引越しが混み合うシーズンは、ガスの手続きを2週間から3週間前に行っておくと良いでしょう。

最終支払いの計算、支払い方法

最終支払いの精算は、利用停止と移転手続きについて連絡を行う際、一緒に確認しておくとスムーズです。一般的に、精算方法は以下の3つとなります。

  1. 今まで引き落としが行われていた口座からの継続引き落とし
  2. 引越し当日にメーター確認を行ってもらい、現金で精算してもらう
  3. 引越し後に請求書を送付してもらい、振込を行う

最終支払いの方法は、利用していた会社によって異なります。支払いについて疑問がある場合は、速やかに窓口へ問い合わせましょう。

利用開始をする際の注意点など

引越し当日に新居で電気、ガス、水道の利用を開始するためには、引越しの前日までに、必要な手続きをすべて完了しておくこと。当日に必要となる確認を終えること。この2つが重要となります。次に電気、ガス、水道、それぞれの注意点をまとめましたので、参考にしてみて下さい。

電気

引越し前日までに移転手続きが完了していれば、新たな引越し先でブレーカーのスイッチをいれるだけで、すぐに電気を使用できるようになります。ただし、新居への入居後、使用開始の手続きが必要となりますので、電力会社に電話をするか、新居に置いてある「電気使用開始申込書」に記入してポストへ投函するようにしましょう。

ガス

ガスの場合、引越し当日新居へガスの担当者が直接訪問し、開栓と安全点検が行われます。このように立ち会いを行わないとガスの利用ができませんので、引越し前に担当者の訪問について、しっかりと打ち合わせておきましょう。

水道

引っ越し前日までに移転手続きが完了していれば、当日、水道のメーターボックスの水止め栓を外すことで、水道が利用できるようになります。また、当日水道が利用できるようになったら、玄関口などに備え付けられた「水道使用開始申込書」に記入をし、ポストへ。この手順は、マンション、アパートなどの集合住宅の場合は必要ない場合もあります。
水道に関しては、手続き方法や利用までの手順が自治体ごとに異なるため、不明点がある場合は水道事業者へ速やかに問い合わせましょう。

住所

埼玉県戸田市新曽南2‐15‐10

お問合せ電話番号

0120-677-533

AM9:00~PM:8:00

産業廃棄物収集運搬許可

○東京都: 第1300162077号

○埼玉県: 第1100162077号

古物商許可

○ 第431020026515号