不用品回収

  1. ホーム>
  2. コラム>
  3. 引越しに伴う手続き方法>
  4. 引越しのポイント!子どもの転校手続きの流れ

引越しのポイント!子どもの転校手続きの流れ

引越しのポイント!子どもの転校手続きの流れ

転居に伴う手続きの中で、特に煩雑になりがちなのが子供の転校手続きです。必要となる書類や手続きが多岐にわたる場合もありますので、事前に手順や窓口などをしっかり確認しておくことが重要となります。

公立の小・中学校への転校の手続き

引越しに伴う公立の小・中学校への転校手続きの手順は、次のようなものとなります。ここでは一般的な手続きについてご紹介していますが、各地域、自治体によって細かなルールが異なる場合がありますので、実際に手続きを行う際は、担任の先生や市区町村の役場、市役所、教育委員会へ確認されることをおすすめします。

手順1 学校へ転校の連絡をして必要書類を受け取る

まず在籍する学校へ連絡をして、転校先の学校名と、転校する時期を伝えます。学校側は、転校に伴った書類作成や各種手続きを行いますので、転居が決まったらすぐに連絡をとるようにしましょう。そして、学校に「在学証明書」と「教科書給与証明書」を発行してもらいます。また、この書類を受け取る際、「転校届(転学届)」を提出するとスムーズです。用紙は学校に用意されていますので、事前に準備しておくと良いでしょう。

手順2 転校に関わる書類の提出

書類の提出に関しては、同一市区内に転校する場合と別の市区へ転校する場合で手続きが異なります。

(同一市区内での転校手続き)

必要書類:在学証明書、教科書給与証明書、入学通知書
手続き方法:在籍する学校で「在学証明書」と「教科書給与証明書」を受け取った後、市役所へ転出届を提出し「入学通知書」を発行してもらいます。書類が揃った後、転校先へこれら3種の書類を提出します。

(別の市区への転校に必要な手続き)

必要書類:在学証明書、教科書給与証明書、転出証明書、入学通知書
手続き方法:在籍する学校で「在学証明書」と「教科書給与証明書」を受け取った後、現住所の管轄の市役所へ転出届を提出し、「転出証明書」を発行してもらいます。その後、引越し先の市役所へ転出届と転出証明書を提出し、「入学通知書」を発行してもらいましょう。書類が揃ったら、転校先へ「在学証明書・教科書給与証明書・入学通知書」の3つを提出します。

転校の手続きには多くの書類と手順が必要となりますので、引越しが決まったら速やかに行動を開始し、転校に遅れが出ないよう手続きを行いましょう。

高等学校への転校の手続き

(公立高校への転校)

高校は小中学校と異なり義務教育ではないため、転校の手続き方法が異なります。
公立高校への転校手続きは、一般的に以下の通りとなります。

1. 転校を希望する高校に電話をして、受け入れ枠、入学条件などを確認
2. 願書を提出し編入試験を受験
3. 合格通知が届いたら、在籍する高校へ転校の連絡を行って、在籍証明書、単位修得(成績)証明書、転学照会書を申請、受領する
4. 転校先に必要書類を提出する

公立高校の場合、原則的に引越しを理由とした転校に制限がかけられます。

(私立高校への転校)

手続きの基本的な手順は公立高校の場合と違いはありませんが、私立高校への転校の場合、学校によって手続き方法や必要書類が異なりますので、転校を希望する学校へ細かな問い合わせを行うようにしましょう。また、各種手続きについて確認する場合は「都道府県私学協会」が窓口となります。

補足として、高校の場合は、希望の学校へ必ず転入できるとは限らない点に注意が必要です。基本的に、転入生の受け入れ枠、欠員がない学校への転校はできませんので、事前に必ず確認をしておきましょう。転校にあたって、難易度の高い編入試験をパスする必要がある場合もありますので、転校先については、お子さんと十分話し合いを行いましょう。

住所

埼玉県戸田市新曽南2‐15‐10

お問合せ電話番号

0120-677-533

AM9:00~PM:8:00

産業廃棄物収集運搬許可

○東京都: 第1300162077号

○埼玉県: 第1100162077号

古物商許可

○ 第431020026515号